モスクワの携帯/空港/観光事情

ヨーロッパ旅行の終わりにモスクワに寄ってきました。アエロフロートで行ったら朝5時から20時まで空いたのでせっかくだから1日観光へ。

ロシアに行く場合、トランジットの超短期滞在でもビザが必要です。申請から発行まで二週間なら無料ですが、それより短いと料金がかかってくるので注意。即日だと1万円とか。

大使館がやってる日少ないし営業時間もかなり短いです。働きたいくらい。

あと初ビザだったので知らなかったのですが、ビザ発行中はパスポートも預かられちゃうようです。二週間の間パスポートが必要になる用事は作らないように!といってもそうそうないとは思いますが。

さて、肝心のモスクワですが、まず空港でのWiFiはSMSが受け取れないと使えません。わたしはローミングつけても受け取れませんでした(BIGLOBE 3G LTE SIM使用)。

シェレメーチェボ空港のターミナルDでしたが、なぜか3階出発ロビーのみ使えるWiFiがありました。

あとはラウンジ利用ですね。2階のバイカルラウンジは誰でも払えば利用でき、シャワーもWiFiもあります。受付のお姉さんにロシア語の説明書きと料金表を見せられたのでロシア語わかりませんと言ったらガン無視されました。こわすぎ。ちなみに3時間まで2000ルーブル(3800円弱)でした。わたしは結局利用してません笑
アイスランドのvodafoneのSIM刺してみたら8000円のデポジットと1MB1700円の使用料ってでてきたので恐ろしくなって秒で抜きました。アイスランド語わからなくてGoogle翻訳使ってしまったので震えてます。

ちなみにThreeは1MB6ポンド(¥1000円くらい)だったので使ってません。ロシアでローミングするとかなり高いみたいです。
とはいえ、1日だけでもネットがほしかったのでBIGLOBEのSIMのローミングをONにするもなぜか使えず。

赤の広場、アルバート通り (Arbat Street)とキエフスキー駅に隣接するヨーロピアンモール (European Mall/Evropeisky)に行ったのですが、市内にも全然WiFiなかったです。赤の広場のGUMの中心にはありましたが夜の混んでる時間帯がなぜか繋がらず…。

1日でだいぶキリル文字を読めるようになっていたので、行きに使ったGoogle Mapの情報をもとになんとか空港に辿り着きましたがほんっっっとーーに英語表記がないし、だーーれも英語話せないんですね。

バスで行くとシェレメーチェボ空港ターミナルDは最後のターミナルになるので、知らなかったわたしは渋滞もあって離陸30分前に空港に到着しました。終わったかと思った。

この時あまりに着かないので不安になって周りの乗客に聞いたらバス一台分の注目を集めました。しかもわりと混んでるのに誰も英語話せない…。最後にやっとあと5分で着きますよとおばさんが英語で教えてくれました。でもみんな伝えようと頑張ってくれてすごくほっこり。
ちなみに空港から赤の広場まではバスとメトロを乗り継ぎます。バスのほうは行きも帰りも851番で終点まで行くので旅行者にもわかりやすい。メトロはそこから9駅です。駅から赤の広場までは10分かからないくらい。

モールのあるキエフスキー駅からは空港まで一本で行ける電車があるそうですが、看板を見ただけなので詳しくはわかりません。
あ、荷物はチェックイン時刻前でも空港に預けられます。全てのエレベーターで行けるわけではないのですが、3階は出発ロビーの端のほうにあるハンバーガー屋さんの奥にあるエレベーターで0階へどうぞ。1日400ルーブル(800円弱)です。

そんなこんなで波乱万丈なモスクワトランジットでしたが楽しかったです。建物が規格外にでかくて口ポカーンしっ放しでした。さすが世界一面積が広い国…!

街中の着ぐるみたちは日本と違ってガンガン話しかけてきます。しかもしつこい。なんだか中国のディズニー感ある着ぐるみ達からインド人のおじさんの声が聞こえて面白かったです。笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中