リエージュではAirBnb泊した方がいい理由

リエージュ?なぜ?何があるの?

と思われるかもしれません。

そうです、リエージュには特に何もありません。

マーストリヒトの友達に会いに行くため、

「せっかく乗り換えるんだしな…」

と思って立ち寄っただけです。

そうはいっても、観光的には何もなくても。

私にとっては素敵な出会いがあったいい街でした。

 

午後17時過ぎにルクセンブルグ駅を出て、列車に揺られること数時間。

リエージュ=ギマン駅に到着。

16357_l

画像元:https://www.mimoa.eu/projects/Belgium/Li%E8ge/Li%E8ge-Guillemins%20Railway%20Station?abvar1&utm_expid=3171585-1.O_58gsx9RY-TW-b7V7nKWw.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

やたらかっこいいです。

 

しかしなぜかホステルが全く見つからず、ホテルも高く。

一泊6,000円くらいしましたがかなり評判の良かったAirbnbに宿泊しました。

駅から徒歩10分くらいだったのですが、途中めっちゃ娼館を通ります。

今時娼館って言うんですかね、とりあえずRed light districtでした。

何はともあれ、めっちゃよかったAirbnb泊。

ストリートアーティストとして小さいピアノを弾いているベトナム系の男の子のお宅だったのですが、

1. 部屋がめっちゃ可愛い

2. ピアノ弾いてくれる

3. 夕方まで荷物置かせてくれる

4. 日本の米とふりかけ(持参)で朝食作ったらベルギーチョコレートくれた

5. 街歩きでオススメの場所を教えてくれた

等々、非常に楽しませてもらいました。

 

リエージュの観光地といえば、教会、旧市街、階段…くらい。

観光地が少ないこともあって、アジア人は全く見かけません。

歩いているだけで車の中から手を振られるレベルです。

よってアイドル気分になれます。

 

階段はビューラン山/Montagne de Buerenと言いまして、373段あります。

上に登ると絶景が!!

…と言いたいところですが、リエージュでも初雪を呼んだ私には白く靄がかかった街並みしか見えませんでした。泣

この373段、私には大変きつかったのですが、どう見ても70〜80代のお年寄りがひょいひょい上り下りして行くんですね。20代前半の私を追い越して。

まさかエールまで送られることになるとは思いませんでした。

きっとこれだからヨーロッパのお年寄りに背中が曲がっている人が少ないんでしょうね…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中